日本初! ボイストレーナーのためのラリンジャルマニピュレーション®

ラリンジャルマニピュレーションを直訳すると「喉頭操作」

英国で行われているVocal Massage

日本人、そしてボイストレーナー用にアレンジしたオリジナルの手技です。

 

Q:どのような施術ですか?

A:喉頭周りの筋肉・骨・膜などに直接アプローチ(舌骨上・下筋群,輪状甲状筋,甲状舌骨膜,咬筋,斜角筋)

・筋筋膜リリーステクニック

・マニピュレーションテクニック 

・ストレッチング

などを組み合わせて行います

 

Q:特別な道具や場所が必要ですか?

A:立位、座位の状態で指導・施術可能で

脱衣も不要、オイルなど備品も不要

場所・タイミングを問わず、ボイストレーニング前もしくは最中に行うことが出来ることも魅力の一つです。

 

020BA401-FE01-47F0-AD42-AE3346A5E91F.jpeg

 

 

 

<<音響解析ソフトによる施術前と後の音声データ比較>>

協力:小久保よしあきボイストレーニングスタジオ

 

5AA6EED4-6A7F-4BE0-A4F5-5C13E596E2C7.png

D5(レ)の音高がフラットだったが、Afterは出せている。

 

 

8F3A182A-C4D5-4027-A942-2F4EE29169FE.png

Afterは、楽に軽い体感な上でボリュームが出ている。

 

 

6A7610CD-C7DC-42CE-BA15-B26F3DEFECFD.png

スタートのA♭3(ラ)がシャープしているがAfterは出せている。

右のグラフの白い線(1フレーズの周波数の平均値)について、Afterの方が高い周波数までなだらかであることから全体的に地声寄りのエネルギーが強くなったことが分かる。

 

 

 

B5B9C9B3-2F50-4C1F-89E6-33C6300F1824.png

Afterの方が線がきれいに出ていることから、音高による声帯振動のブレが改善されていることが分かる。